POLICY
活動方針
2022年度 QCサークル岐阜地区活動方針(2022.3.1.)

スローガン
   QCサークルで、新しい働き方・考え方・職場を創造しよう


1. 目指す姿

   QCサークル活動(小集団改善活動)の基本を大切にしつつ、新しい

   時代にあったスタイルを追求していく


 《中期ビジョン》

    (1)新しい時代が求めるサービスの提供

    (2)活動の継続性を担保する強靭な体質

    (3)QCサークルファン拡大


2.中期課題と重点実施事項

    (1)従来のスタイルに拘らない、時代が求める企画【質向上】

       1)製造:有効性の高い活動の追求

       2)JHS:職種に適した活動の追求

    (2)業務改革による幹事業務の効率化【働き方改革】

       1)新しい働きかたに対応した行事企画

       2)幹事会社の作業工数低減

    (3)行事参加者の維持・拡大 【QCファン拡大】


3. 重点実施項目


4.具体的目標値(管理指標) 

管理項目目標値管理項目目標値
1)行事参加数472名2)行事参加企業・団体数211社
3)初参加企業・団体数6社4)事務・販売・サービス
    参加人員比率
20%
5)幹事会社数20社6)行事参加者満足度96%


2021年度QCサークル岐阜地区活動方針

スローガン
QCサークルで、新しい働き方・考え方・職場を創造しよう


1.   中期ビジョン

「コロナ禍における大会・研修会のあり方と企画・運営の工夫で
QCサークルファンの維持・拡大を図る」

(1)質向上   
   時代にあった新しいやり方で参加者に満足いただける大会・行事の企画・運営

(2)働き方改革
   地区長会社・幹事会社の負担低減のための運営の効率化と作業負荷の低減

(3)QCファン拡大
   企業・団体のニーズを把握し参加しやすく魅力ある企画の提案


2.   重点実施項目

分類方針実施事項管理項目
質向上参加者に満足いただける
行事の企画と運営
・コロナ禍における
 大会・研修会の企画・運営
・行事参加者数
・行事参加企業・団体数
・初参加企業・団体数
・行事参加者満足度
・研修会内容の充実
幹事の育成強化・新任幹事の早期育成を狙った
 幹事研修会のカリキュラム検討
・研修会アドバイザーの育成に特化した
 幹事研修会の企画
働き方改革役割分担の見直しや
工夫による
地区長会社の負担軽減
・地区長会社業務で役割が分担できる
 アイテムの洗い出しと検討
・事務局業務の視える化
 (20年度からの継続活動)
・幹事会社数
行事運営の効率化による
幹事会社の負担軽減
・定型業務の改廃と外注化による負荷軽減
QCファン
拡大
ニーズの把握と企画検討・企業・団体アンケート等の分析による
 大会・研修会の企画検討
・行事参加者数
・行事参加企業・団体数
・初参加企業・団体数
・事務・販売・サービス
 参加人員比率
・行事参加者満足度
参加企業・団体の
維持拡大
・飛騨地区企業への定期訪問と
 新規候補企業の開拓
・初参加企業へお礼の訪問と
 休眠企業の掘り起こし
・JHS(医療/福祉含む)企業
 及び部門への普及拡大推進


2.   具体的目標値(管理指標)

管理項目目標値管理項目目標値
1) 行事参加者数391名2) 行事参加企業・団体数211社
3) 初参加企業・団体数6社4) 事務・販売・サービス
  参加人員比率
20%
5) 幹事会社数21社6) 行事参加者満足度96%